愛知県支部と関わりのある団体や法人等を紹介しています。

関連団体・法人等

バナーをクリックすれば、各団体・法人のHPに行きます。

放流活動、釣りマナー向上活動、釣り場環境保全活動、釣り普及活動、釣り場造成活動等の業務を行い、レクリエーションとしての釣りの向上を高める事を目的としている団体です。

公益財団法人日本釣振興会埼玉県支部ホームページ

公益財団法人日本釣振興会茨城県支部ホームページ

公益財団法人日本釣振興会福岡県支部ホームページ

「釣用品工業の進歩発展を図り、国民生活におけるゆとりと豊かさの実現に貢献し、もって我が国の経済の発展に寄与する」ことを目的 した一般社団法人です



「LOVE BLUE ~地球の未来を~」をスローガンに、つり環境ビジョンのコンセプトに基づいて、一般社団法人日本釣用品工業会が、公益財団法人日本釣振興会と協働で取り組む環境・美化事業がLOVE BLUE事業です。


愛知県知多市緑浜町にある人工島の公立の公園名古屋港管理組合が設置し、株式会社日誠が指定管理者として管理・運営をしています。

名古屋港の開発を目的として、1951年(昭和26年)9月8日に設立された特別地方公共団体です。

西三河漁業協同組合は、平成17年4月に三河湾に面した西尾市、一色町、吉良町の3市町にわたる、西尾、栄生、味沢、一色、佐久島、吉良の旧6漁協が合併した広域漁協で、愛知県で初の認定漁協 です。

愛知県知多市緑浜町にある人工島の公立の公園名古屋港管理組合が設置し、株式会社日誠が指定管理者として管理・運営をしています。

水産飼料の製造及び販売、水産種苗の生産及び販売してます。

キャビアをはじめ、意外に知られていないチョウザメの肉、あまご、あゆを養殖しています。

鮮魚・魚介類・海産物・ウナギ・レストランと朝市の総合市場です。

大入川漁業協同組合さんが運営する坂宇場地区を流れる”坂宇場川”の清流を活かした マス釣り場です。

名古屋市の東北端、東谷山(標高 198.3m)山麓に位置し、 豊かな緑と水と太陽、そしてさわやかな空気に恵まれた自然環境のなかにあります。

敷地内にフィッシングコーナーがあり、ヘラブナ釣りを楽しめます。

中部地区最初のアマチュアのための潜水・スキューバーダイビングの団体です。

東海〜中部地方の太平洋、ならびに岐阜県、愛知県、三重県を管轄範囲[1]とする、海上保安庁の管区海上保安本部の一つです。

日本の行政機関のひとつ。海上における人命・財産の保護、法律違反の予防・捜査・鎮圧を任務とする国土通省の外局です。

水産資源の適切な保存及び管理、水産物の安定供給の確保、水産業の発展並びに漁業者の福祉の増進を図ることを任務とする(農林水産省設置法第37条)日本の行政機関。農林水産省の外局です。

愛知県の沿岸漁業の生産力の効率的かつ安定的な確保と、近代的な沿岸漁業経営の確立並びに漁村地域社会の活性化を図るため、水産業振興対策事業等を行い、水産業の振興を図る愛知県の水産課です。

環境の保全・整備、公害の防止、原子力安全政策を所管する 日本の行政機関のひとつ です。

SDGs(持続可能な開発目標)とは、2015 年 9 ⽉の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための 2030 アジェンダ」に記載された2016 年から 2030 年までの国際⽬標です。

豊根村は愛知県の北東部に位置し、美濃三河高原に位置し、村域の9割以上が山地である。村内の茶臼山高原と大入渓谷が天竜奥三河国定公園に指定されている。

愛知県の南東部に位置する都市。中核市に指定されている。 東三河地方の中心都市であり、同地方の人口の約半数を占める。

愛知県の知多半島の北西部に位置する市。名称は知多郡や知多半島に由来 します。

愛知県の西三河地方に含まれる 抹茶の産地(西尾茶)として、また「三河の小京都」として知られる。

愛知県の南端部に位置する市。東三河地方に位置し、東側で豊橋市と接している。田原市は渥美半島の大部分を占める自治体 です。


愛知県の南部に位置し、知多郡に属する町。三河湾の日間賀島や篠島などの離島も有する。

愛知県の尾張地方に位置する都市。愛知県の県庁所在地。政令指定都市および中枢中核都市である。